FBIスタッフブログ

群馬県高崎市の保険代理店FBIのスタッフによるブログです

ブログ

九州地区の大雨の被害について

投稿日:

yam0080-009

 

こんにちは。

 

FBIの深澤辰也です。

 

福岡・大分地域で大雨による、
甚大な被害が出てしまいました。

 

被害に遭われた皆様に、
心からお悔やみ申し上げます。
一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

いつの災害にも、
「想定以上だった」
「こんなこと今までなかった」
という言葉が出てきます。

 

確かに、被害の大きかった、
大分県日田市の小野川周辺のハザードマップを見ると、
http://www.city.hita.oita.jp/material/files/group/4/09556638.pdf
がけ崩れの恐れは出ていますが、
冠水についてはさほど大きなものは想定しておりません。

 

むしろ市街地域に流れる河川の方が、
大雨による被害を想定したハザードマップになっております。
http://www.city.hita.oita.jp/material/files/group/4/15501189.pdf

 

どの地域にも共通することですが、
「こっちの川の方はあまり大きくないから、
あっちの大きい川の方と比べて大した洪水にはならない」
と想定されていながら、
実際には小さい河川で大洪水になる場合もあります。

 

しかし、実際に自分たちがその場になってみると、
同じような状態になるのかもしれません。
言葉では簡単に言えます。

 

それでも人の被害を最小限に食い止めるためには、

素早い非難が大事です。

 

「この辺は大丈夫」と思う前に、
「とりあえず避難しておこう」
と考えることが大事です。

 

人は、自分の心地良い環境・状態を守ろうとする
本能が働くので、
どうしても「自分だけは大丈夫」
と考えてしまいます。

 

しかし、とりあえず避難して、
結果何も被害がなかったとしても、
なってしまってから後悔することよりマシです。
むしろ被害がなかったことに安堵するでしょう。

 

被害に遭ったとしても、
人の命を失うことより辛いことはございません。

 

普段から避難場所をしっかり把握し、
どこが安全なのか、
十分想定したうえで対応する。

 

それが自分や家族の命を守る、
最良の方法かもしれません。

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

wmn0096-001

第10回FBI異業種交流会開催!

皆さんこんにちは。 FBIの深澤辰也です。 遅くなりましたが、 2月1日に開催されましたFBI異業種交流会の記事をホームページにアップしました。 詳細はこちらをご参照下さい。 今年はなんと!92名の方 …

no image

時差式信号機のルールについて

皆さんこんにちは。 FBIの深澤辰也です。 いきなりですが、こういう信号機を見かける事はございますでしょうか? 私の家の近くの国道17号にこのような信号機が結構あるのですが、 前から気になっていたこと …

no image

風疹の流行

こんにちは。 FBIの深澤辰也です。 先日の新聞で風疹が関東中心に流行して、 特に20~40代の男性に多いという記事がございました。 風疹と言うと子供の頃になる病気で、 ワクチンなどもしているのではと …

52

東京マラソン出場!

皆さんこんにちは。 FBIの深澤辰也です。 2月の後半、ブログを休止していた間に東京マラソンに参加してました(笑) 頼んでおいた走っている画像データが届いたので、 それに便乗して東京マラソンの話をさせ …

no image

雪景色の飛騨高山

みなさんこんにちは。 FBIの深澤辰也です。 新年あけましておめでとうございます。 本年も宜しくお願いいたします。 今回の年末年始は暦の都合が良く、 平年以上に連休になった方も多いのではないでしょうか …