FBIスタッフブログ

群馬県高崎市の保険代理店FBIのスタッフによるブログです

自動車にまつわる情報

ペットを同乗する運転について

投稿日:

皆さんこんにちは。
FBIの深澤辰也です。
日が落ちるのが早くなってきましたね。
つい最近まで18時過ぎまで明るいと感じていたのが、
今や17時には薄暗くなってきました。
夕暮れの無灯火による事故と言うのも多いので、
早めのライト点灯を心がけて頂くようお願いいたします。
さて、今日自動車を運転中、信号で停まった際に、
後ろの車両をバックミラー越しに見ましたら、
(6月に追突事故があってから停止時にバックミラーを見る癖が付きました)
若い女性が運転しておりましたが、
同時に女性に乗りかかるようにペットのワンちゃんがハンドルやら、
運転手の女性の腕やらに絡んでおりました。
普通に停止もしてましたし、運転には気を付けているとは思いますが、
もし停止する瞬間に自分の視界を遮るような状況になったら事故になりかねないなと、
ふと思いました。
日々運転をしているとすれ違う自動車の窓からワンちゃんが風が気持ちいいのか、
かわいい顔をしながら顔を出している光景を目にします。
ペット同伴のカフェやお店も沢山あり、ペットも今や家族の一員ですね。
しかし、今回のワンちゃんもそうですが、
ご家族の一員にもかかわらず、万が一の事故が発生する場合の安全対策は、
なされていないのが現状だと思います。
簡単に申しますと小さいお子様がシートベルトも付けず、
運転者の膝の上に乗っていたら絶対に危険ですぐにでもシートベルト、
チャイルドシートに戻るよう注意すると思います。
しかし、ワンちゃんをたとえばゲージに入れたり、
ワンちゃん用シートでシートベルトを付けて安全確保されている方は、
殆どいないと思います。
当社のお客様ではないですが、
調べてみますと現に今までも後ろから追突されて、
その反動でワンちゃんが車内の一部に激突し、
後遺障害にあったという事故例もあります。
もしかしたら事故の際ペットがパニックになって道路に飛び出て、
亡くなったという事例もあるかもしれません。
大事な家族であるペットの安全対策をお考えになって頂ければ幸いです。

-自動車にまつわる情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

車両保険でも全額修理費用が出ない場合のお話し

皆さんこんにちは。 FBIの深澤辰也です。 本日は車両保険の意外な落とし穴の一つの例をご紹介致します。 皆さんは車両保険と言うと自動車が事故に合った場合や、 うっかり電柱などにぶつかって自損事故に合っ …

no image

黒コートでの歩行に注意!

みなさんこんにちは。 FBIの深澤辰也です。 今回は冬ならではの気を付けて頂きたい話をさせて頂きます。 冬になると、外を出歩く際に多くの方がコートや、 ダウンなどを羽織ります。 その中で黒のコートを着 …

no image

高校卒業まもないお子様の自動車保険のご加入について

皆さんこんにちは。 FBIの深澤辰也です。 これからの時期に高校卒業を控えるお子様が免許を取得し、 ご家庭の自動車に乗るようになるので保険の条件を変更、 またはお子様専用の自動車を購入され新たに保険に …

no image

タイヤのホイールの損傷について

皆さんこんにちは。 FBIの深澤辰也です。 今回は自動車タイヤのホイールの事について少しお話させて頂きます。 自動車のタイヤのホイールを購入先のメーカー純正のホイールではない、 凝ったホイールを付けて …

no image

年末の事故に御注意を!

皆さんこんにちは。 FBIの深澤辰也です。 今年もあっという間に12月になりました。 この時期になって良く出る言葉は「1年経つのが年々短くなる」ということですが、 年齢を重ねるとその分1年が早く感じる …