FBIスタッフブログ

群馬県高崎市の保険代理店FBIのスタッフによるブログです

交通事故

我が家の敷地が浸水!

投稿日:

こんにちは。
FBIの深澤辰也です。
28日土曜日の夜に群馬県南部で大雨と落雷が起きました。
群馬は「雷都、からっ風、義理人情」(+かかあ天下)と言われるくらい、
雷と夕立は非常に多い地域です。
毎日榛名山辺りを眺めては今日は夕立降らないかと確認するぐらいです。
しかし、28日の大雨は夕立と言えないぐらいの大雨でした。
私もその時間買い物に出かけていて、
帰る時に大雨になり、やっとの思いで自宅のアパートに着きましたが、
あまりの雨と雷で車から出ることが出来ず、
少し待っておりましたが一向に雨がやむ気配がないのでずぶぬれになりながら家に入りました。
家に入って一安心かと思いきや、30分ほど経って外を見ると、
なんと駐車場が冠水状態に!
私と嫁の車、それに隣のお部屋の車がかなり水に浸かってました。
慌てて家から外に出ると私の膝ぐらいまで水か流れてきており、
もう少しで車の運転席が水に浸かるところでした。
駐車場が傾斜になっている場所なので少し高い場所に車を移動したものの、
あと一時間ぐらい雨が降り続いていたら、
恐らく車は完全に不能になったと思います。
車だけならまだしもアパートの1階もあと少しで浸かる所でしたから、
(ちなみに私は2階に住んでおります)
1階の方も気が気ではなかったと思います。
翌朝になり周りの方にお話を聞くと、
今までこんな酷い冠水は無かったというお話でした。
確かに私も10年近く群馬を離れてた時期はあったものの、
群馬にいてここまで長く大量の雨が降ったことは無かったです。
以前にも書きましたが、大雨や洪水などで、
家や自動車などに損害が発生する場合、
多くの方がご自身の火災保険や自動車保険で水害が補償されるか良く解らないと
言われます。
しかし、最近この水害補償について多くのお客様とお話して解ったことは、
「水災補償に入ってなくてももし何かあったら少しはお金がでるんじゃないの?」
と言われる方が結構いらっしゃいます。
ここでもう一度お話しますと、
火災保険の場合、水災補償に入ってなければ大雨、洪水による浸水被害、地すべりなどの被害の補償はされません。
自動車保険の場合、車両保険に入ってなければ大雨などによるご自身のお車の故障、
全損について、補償されません。


今回の自分自身の経験を踏まえ、
今一度お客様に上記の事を注意喚起していかなければならないと実感いたしました。

-交通事故

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

事故が起きた時の警察への届け出について

皆さんこんにちは。 FBIの深澤辰也です。 最近立て続けに交通事故の対応において警察の届け出について質問がございましたので、 今回は警察への届け出についてお話しいたします。 以前より自動車運転中に事故 …

no image

自分の意志と関係なくひき逃げ扱いになってしまう話。

こんにちは。 FBIの深澤辰也です。 先日こんな事故の話を聞きました。 運転者は自宅近くの道路を運転し、 公園近くを進行していたところ、 子どもが公園から道路に向かって走ってくるのが解ったので、 減速 …

no image

ウィンカー点灯を見越しての自動車事故

こんにちは。 FBIの深澤辰也です。 先日こんな事故がございました。 状況としては優先道路を直進中の自動車と、 脇道から優先道路に合流する自動車との接触事故。 この内容見るだけではたまに見かける事故か …

no image

双方一時停止の交差点での事故

こんにちは。 FBIの深澤辰也です。 今回は双方一時停止の交差点においての事故についてお話します。 先日、当社のお客様が交差点内で左方から来た車に衝突したという連絡があり、 現場に駆けつけ事故の対応を …

no image

自転車同士の衝突事故の記事を見て

皆さんこんにちは。 FBIの深澤辰也です。 3月4日の産経ニュースで下記のような記事がございました。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 4日午前7時15分ごろ、大阪市阿倍野区阿倍野 …