FBIスタッフブログ

群馬県高崎市の保険代理店FBIのスタッフによるブログです

交通事故

事故が起きた場合、警察を入れる必要があるのか?

投稿日:

皆さんこんにちは。
FBIの深澤辰也です。
お盆を過ぎても暑い日が続きますね。
先日高山のブログをアップしましたが、今度高倉健さんやビートたけしさんの
映画のロケで高山を使ったというのがニュースで流れていて、
その効果があったのか、ここ数日のブログページビューが結構上がっております。
しかもページをアップした日よりも多い(笑)
この調子で高山特集でも組みたい気持ちもありますが、
残念ながらそこまでの知識も写真もないので、
今回はレギュラーメニューになりつつある自動車事故についてのお話を致します。
当社のお客様で美容室を経営されているお客様の保険の手続きに伺った際の話です。
美容室をご利用されているお客様から悩みを言われたそうです。
その方は病院に用があり、用事を済ませて帰る際に駐車場で通過する車を
待っていたら右側から車に衝突されました。
車は駐車中で相手が突っ込んで来たので当然過失はゼロの事故になるケースです。
その方は警察を呼ぼうと相手の運転者に伝えましたが、
運転者が「体調崩して病院に来たのでこれから実況見聞などしたら倒れてしまうので、
家に帰らせてほしい」と言われたようです。
美容室のお客様も人柄の良い方で相手を見ても悪いことを言う人とは思えなかったので、
相手の体調を気遣い警察を呼ばずお互いの連絡先などを交換し、その場を後にしました。
その後、相手に連絡をしても電話に出ず困ったところに、
相手方からの保険会社から連絡が入り運転者に直接連絡をするな、
運転者からはそちらも動いていたから過失は発生すると言われたようです。
どうしても納得は出来なかったのですが、保険代理店、保険会社ともあまり協力的ではなく、
泣く泣く過失を2割認める形になり非常にショックだったというお話でした。
当社のお客様からも時折相手やご自身の都合で警察を呼ばずに処理したいという話があります。
当社はどんな事情があるにせよ必ず警察を入れてもらいます。

何故ならこのようなケースが発生するからです。
現場では低姿勢を見せていた加害者が数日経つと突然態度が変わる事も良くある話です。
警察を入れなければ「言った、言わない」の状態になる場合が多いです。
恐らく入れ知恵やご自身の負担を軽くしたいという気持ちが働くのでしょう。
また、警察を入れないと必要な補償を保険会社から受け入れられない場合などもございます。
自分が事故を起こしてしまった場合には相手を気遣う意味でも、
自分が事故を起こされた場合ではご自身を守る意味でも必ず警察を入れて対応する事を願います。

-交通事故

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

追突事故多発!

皆さんこんにちは。 FBIの深澤辰也です。 お盆明けから妙に追突事故が頻発しております。 ほぼ毎日、多い時は一日2件以上お客様から追突事故に合った連絡が入ります。 当社のお客さんが後ろから追突されるケ …

no image

交通事故が起きた際の現場の対処方法

こんにちは。 FBIの深澤辰也です。 突然ですが、私昨日事故に合いました。 人生初の交通事故です。 状況としては信号待ちをしている時に後ろから追突されたので、 相手側の100%過失となる事故でした。 …

no image

ウィンカー点灯を見越しての自動車事故

こんにちは。 FBIの深澤辰也です。 先日こんな事故がございました。 状況としては優先道路を直進中の自動車と、 脇道から優先道路に合流する自動車との接触事故。 この内容見るだけではたまに見かける事故か …

no image

我が家の敷地が浸水!

こんにちは。 FBIの深澤辰也です。 28日土曜日の夜に群馬県南部で大雨と落雷が起きました。 群馬は「雷都、からっ風、義理人情」(+かかあ天下)と言われるくらい、 雷と夕立は非常に多い地域です。 毎日 …

no image

水災の被害について

皆さんこんにちは。 FBIの深澤辰也です。 九州地方で記録的豪雨により多くの方が犠牲になりました。 被害地域の皆様には謹んでお見舞い申し上げますとともに、 一刻も早い普及をお祈り申し上げます。 テレビ …