FBIスタッフブログ

群馬県高崎市の保険代理店FBIのスタッフによるブログです

保険情報

個人賠償責任補償で大家さんに賠償出来るの?

投稿日:

こんにちは。
FBIの深澤辰也です。
今回は火災保険の事についてお話しいたします。
先日私の東京の友人から火災保険について質問をもらいました。
友人は賃貸物件(アパート)に住んでいます。
なので、火災保険と言っても建物の保険ではなく、
部屋の中の家財に万が一火災や盗難などがあった時に補償する、
いわゆる「家財保険」に加入する予定です。
賃貸物件に住まわれたご経験の無い方には、
あまり馴染みがないかもしれませんが、
家財保険には「借家人賠償責任補償」という補償がございます。
これは何かと申しますと借りている部屋で、
万が一ご自身の過失により損壊した場合において、
貸主(大家さん)に対して法律上の損害賠償責任を負うというものになります。
これは火災のみならず、
破裂または爆発、
給排水設備の使用に関する放水や水漏れ、水を溢れさせてしまった場合、
盗難などがございます。
さて、本題に戻りますが、友人からの質問というのは、
その借家人賠償責任補償についてこんな質問でした。
「別の保険で個人賠償責任補償に入ってれば借家人賠償責任補償は必要ないんじゃないの?」
個人賠償責任補償の説明については以前記載しましたので、
詳しくは、そちらをご参照ください。
確かに他人に危害を加えた場合に発生する賠償補償なので、
部屋で起こした火災などにも補償が適用されると認識されるのもごもっともです。
しかし、個人賠償責任補償では大家さんに賠償する事は出来ません。
ちなみに、大家さんの建物の保険で火災した物件は治せるのでは?
とお考えの方もいるかもしれません。
しかし、民法上、賃貸借契約と言うのは借主に対して退去の際、
部屋を借りる前の状態にして引き渡すという原状回復の義務がございます。
もし火災などで損傷させた場合、原状回復を行えないと、
損害賠償の責任が発生します。
なので、大家さんが火災保険に入っているから自分は火災保険に入らなくても大丈夫という認識も
非常に危険です。
ご自身で大きな損失を被る前に備える事をお勧め致します。

-保険情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

自分の所有物が万が一壊れた場合に役立つ携行品損害補償

こんにちは。 FBIの深澤辰也です。 先日傷害保険を更新して頂いたお客さんに、 再度補償の説明をしたところこんな会話になりました。 お客様「そういえば、3ヶ月前に渓流釣りをしていたら、釣竿を他人に壊さ …

no image

自分が他人の所有物を壊してしまった場合(個人賠償責任補償について)

こんにちは。 FBIの深澤辰也です。 先日お話しいたしました携行品損害補償特約の件が、 思いのほか反響が良く、中にはお問い合わせなどを頂き、 こうやって情報を発信することで多少なりとも皆様のお役に立て …

no image

台風などの自然災害の備え

こんにちは。 FBIの深澤辰也です。 昨日、本日と関東地方は夏らしい陽気になりました。 私の住んでいる周辺は昔ながらの田園風景が残っておりますが、 この二日間で田植えも終わり夜になるとカエルの声が良く …

no image

奥様に万が一があった場合の生活保障

こんにちは。 FBIの深澤辰也です。 昨日は台風などの自然災害の話をしましたが、 本州に直撃する可能性が高いですね。 くれぐれも気を付けてお過ごしください。 さて、最近お客様と生命保険の話をしていると …

no image

スポーツ大会などの参加者の補償について

こんにちは。 FBIの深澤辰也です。 先日私の近所に住んでいる幼馴染み(と言っても5歳も年上のお兄さん)が、 来店され約20年ぶりに再会しました。 昔はゲートボール場で野球をしたり公民館で鬼ごっこした …